伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週水曜にあったSPITZ JAMBOREE TOUR "あまったれ2005"に行って来ました。

プロのライブに行くのは久しぶりで、スタンディングじゃないのとなると、さらに久しぶりでした。SPITZのライブは初めてで、一番新しいアルバムの「スーベニア」は、結構聴いてたんですが、知らない曲も多いんだろうな~、という不安と楽しみがありました。ちなみに会場だった熊本市民会館は、中学の時先輩に連れられて行ったSING LIKE TALKING以来、実に10年以上ぶり。

予想通り客のほとんどは女性でしたが、意外と年齢層は広かったですね。席は2階であまり良くないのかと思ってましたが、比較的真ん中の前の方だったんで、思ったより良かったです。

メンバーが登場すると黄色い歓声・・・の中、聴き覚えのあるギターリフ・・・「空も飛べるはず」、そりゃーテンションも上がりますね~。正宗氏が歌い出した時は、太く響きわたるのに澄んだ声にちょっと感動しました。やっぱ上手いですね♪

ライブはスーベニアからの曲をメインにシングル曲のいわゆるメジャーどころを4,5曲挟んでいって、SPITZ特有のまったりな感じの曲から少し激しいのまでいい感じで流れてました。意外と正宗氏がしゃべるのには驚きましたが、しっかり熊本人の心を掴んでたのはさすがです。
2時間があっという間という感じでしたが、個人的には「愛のことば」が聴けなかったのが残念でした。
spitz.jpg

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽
昨日はバンドの練習でした。ニルバーナウィーザーしか持ち曲がない我々ですが、少しずつ新しい曲を増やしては、少しずつ昔の曲を忘れていくという感じです・・・。

どちらかというとWEEZERの方が難しい。
キャッチーな曲なんで粗が目立つし、何よりギターを弾きながらというのは歌詞、メロディーを完璧に覚えて、かつギターも自然と手が動くくらいじゃないと、演っててアップアップです。

ちなみに新しく演りだしたのは「the world has turned and left me here」「keep fishin'」の2曲。ともに聴きやすい曲ですが、演ると難しい。

次のスタジオまで間が開くので、練習、練習。
テーマ:日記 - ジャンル:音楽
最近、WEEZERのAmerican Gigoloという曲をやっています。

WEEZERの曲としては2曲目のコピーになりますが・・・、歌が難しい。

結構、高音と低音の差があって歌いにくいところが所々。特にイントロあけの歌い出しが入れない。裏から入るというのは分かってるんですが・・・、入れない。

ゆっくりやったり、そこの部分だけ繰り返しやったりしてると、「おっ!こんな感じか?」と合ってきたんですが、最後に通してやろうとしたら、またズレた。

う~ん、何でだろう?

もちろん終わった後に、メンバーからはしばかれる・・・。(嘘)
テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記
学生の時に知人からギターを買って以来、エフェクターを一度も飼ったことがなかった私ですが、ついにMYエフェクター1号を手に入れました。

それは、BOSSDS-1です。

そもそも、バンドでニルバーナをコピーしていながら歪み系のエフェクター無しで、アンプを限界まで歪ませてこれまでやってきたことに限界があったんですが・・・。

で、昨日の練習で初使用。

我が家のアンプは壊れていて数年間未使用のため、買ったものの試すことが出来ず、待ちに待った練習でした。

シールドをつないで、いざ音を出してみると・・・

歪んでる!!

ちょっとした感動でした。やはりアンプだけの歪みでは出ない厚みというかジャキジャキ感。いいですね~。やっと近くなったという感じです。

次に狙うは、クラシックギターorアコギ(フォーク)で迷ってるところです。
ds1.jpg

前回のバンド練習の後に、そろそろ別の曲でもやろうかってことで、「Serve The Servants」に決まりました(もちろんNIRVANAの曲です)。

家で聴いてるんですが、Voは、まー高すぎずって感じでいけそうなんですが、ギターは結構難しそうです。ギター本人もソロが難いって言ってた通り、聴いてみたら・・・大変そう。

頑張ってくれよ!

次回練習は来週なんで、もうちょっと聴き込んでから挑みます。
kurt2.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。