伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと前に「キングダム オブ ヘブン」を観ました。

ヨーロッパのこの位の時期の映画は好きでよく見るし、リドリー・スコット監督の「グラディエーター」も好きだったんで大いに期待してました・・・が、残念ながらいまいちでした。

ストーリー的には、宗教色が強いわりには、知らない私でも分かりやすい内容でした。が、これっていうインパクトも残りませんでした。強いて言えば、エルサレム王の役がエドワード・ノートンというのを観た後に知って驚いたことです。

ま~でも、戦闘のシーンなんかはすごかったです。少数が大群と上手く闘っていく感じが良かった。あと、主人公のバリアンがどんどん成り上がって行く姿も良かったです。
この話ってどの位が真実だったんでしょうか?
kingdom.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://raptart.blog4.fc2.com/tb.php/78-5744c3f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。