伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の話題はなんと言ってもチャンピオンズリーグ決勝のミランvsリバプールでしょう。

ミラン優勢の声が多い中、私も層の厚さ、タレント、バランス、経験などの部分でミランが硬いと思ってました(アウェイのユニフォームのミランのジンクスもあります)。
眠い目をこすりながらも、選手が入場してくるとテンションが上がります。

そして、開始早々ピルロのFKからマルディーニがボレーで叩きつけて先制!
前半はカカ、クレスポ、シェフチェンコのトライアングルが完璧でした。3点目のカカのパスなんてすごかった。ディフェンダーが微妙に届かないで、クレスポに通りましたから、あれは守ってて嫌でしょうね。
ガットゥゾもきいてました。リバプールのテンポをことごとく潰してました。中盤はリバプールは支配されまくってて、ジェラードも守備で手一杯でした。

ハーフタイムの時点で、ほとんどの人がミランの強さに圧倒されたことでしょう。私もやっぱミランか~と思いました。

後半、リバプールはハマンを投入して3バックに切り替えたことが大当たり。中盤でボールを支配し始めて、ジェラードも攻撃に参加しだし、リズムが出てきたところ・・・ジェラードが反撃ののろしを上げる。そこからあっという間に同点に追いついた時は鳥肌が立ちました。
その後は、リバプールの勢いに押されてミランもミスが多くなり、両者決めきれず延長、PKへ。
PKでもリバプールの方が落ち着いてました。それにしてもドゥデクは変な動きをしすぎでしょう・・・あんな動きされたら私だったら集中できません。

結局、予選リーグからのリバプールの勢いが止まらなかった感じですが、劇的大逆転というのはこういう事なんでしょう。やっぱりサッカーは最後まで分かんないですね。

最後にリバプールは序盤、キューエルとガルシアが髪型が似てて分かりにくかったです。
cl7.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://raptart.blog4.fc2.com/tb.php/77-22ee6bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。