伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャンピオンズリーグの準決勝は、ともに白熱した試合でした。

チェルシーvsリバプールは、1点の争いでした。その1点も微妙な判定で、イギリスではボールがラインを越えたか越えてないかで、ちょっとした話題になっているみたいです。
そういった事も含めて、今回のCLでのリバプールには勢いがあります。決めきれないチェルシーと守りきったリバプール、チェルシーは三冠が狙える位置だったんですが・・・。

ACミランvsSVも接戦でした。初戦でミランが2点のリードを得たんで、ミランは、危なげなくいくと思いきや、PSVの攻撃陣が、素晴らしかったですね。初戦同様パク・チソンとイ・ヨンピョの韓国コンビとコクーはキレてました。特に3点目のコクーのボレーはきれいでした。
それと、9番のフェネホールが、影の功労者でした。3点とも相手DFをしっかりと引き付けてました。
しかし、ロスタイムに決めるところは、さすがミランといった感じでした。

決勝は、リバプールvsミランという赤の対決になりましたが(ミランはジンクスでアウェーの白を着るでしょう)、勢いがあるリバプールと安定した実力のあるミラン、面白い試合になりそうですね。
cl6.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://raptart.blog4.fc2.com/tb.php/67-02ab3d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。