伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書いてたつもりが書いてなかった・・・年かな?

「V フォーヴェンデッタ」を観てたんですよ。

独裁国家と化した近未来の英国。夜間外出禁止令を破ったイヴィーは、自警団の男たちに捕まったところをVと名乗る仮面の男に救われる。Vは国の圧制を糾弾し、11月5日の“ガイ・フォークス・デー”に国会議事堂前に集結するよう市民に呼びかける。その一方で自身の復習のため、有力者を次々と殺していく。イヴィーは彼との出会いで人生を大きく変えていく。

「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟が製作と脚本を手掛けており、支配からの開放と反社会性を強く感じる作品でした。

予想以上に面白かったです。いや、ここ最近観た中じゃヒットでした。
私の好きな主人公が無茶苦茶強いタイプ♪ 多弁で知識があり、体技とナイフ捌きに長けているが、ユーモラスな部分もある。彼をテロリストに駆り立てる理由が分かるにつれて納得する部分がありつつも複雑な感じでした。

特にクライマックスは圧巻でした。

終わった後にあの仮面が少し欲しくなったのは私だけじゃないはず・・・
v.jpg

スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://raptart.blog4.fc2.com/tb.php/257-960417c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。