伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土日にかけて、TVを含め3本映画を観ました。

一本目は、「フランク・ミラーズ シン・シティです。
sincity2.jpg

ストーリー、映像、音楽、キャスト、全てにおいて公開前から自分が好きそうなもので、期待を膨らませてました。

ストーリーは、“罪の街=シン・シティ”で繰り広げられる3人の男たちの愛と復讐を描いた異色ハードボイルドアクション。
<EPISODE 1>―その屈強な肉体と醜い容姿から誰も近づこうとしない仮出所中のマーヴ。彼は、一夜の愛をくれた高級娼婦ゴールディを何者かに殺され、復讐に立ち上がるが、黒幕は予想以上の人物で・・・。
<EPISODE 2>―罪から逃れるため過去を捨てシン・シティに身を潜めるドワイト。ある時、昔の恋人ゲイルが仕切る娼婦街で警察官が殺されるトラブルが起こる。発覚すれば警察との協定が破棄され、娼婦たちは窮地に陥る。彼女たちを救おうと一肌脱ぐドワイトだが・・・。
<EPISODE 3>―街の実力者の息子から少女を救う為に正義を貫くハーティガン刑事。しかし、相棒の裏切りに遭い無実の罪で投獄される。8年後、その少女に再び危機が迫ってると知り出所した彼は最後の戦いへと向かうが・・・。

面白かった!!

原作の漫画を読んだ事はないけど、カット割りなど忠実に再現してあるらしく、あ~こんなんだろうなと想像はついた。
ロドリゲス監督は、原作者のフランク・ミラーに映画化を頼み込んで、どうにかOKを貰い、タランティーノも含めて3人で監督をやってます。が、ロドリゲスが所属する全米監督協会では、一つの映画で一人の監督しか認めてないので、協会を辞めてこの作品を撮ったそうです(そのため次に予定してた作品は降ろされたみたいです)。
その心意気も含めて、この作品は素晴らしい!!

一番好きだったのはマーヴ(ミッキー・ローク)。強い、クール、カッコイイ!ミッキー・ロークの作品ってほとんど観てないけど、これはハマッてた。

クライヴ・オーウェンも良かったんですが、デル・トロが、それ以上にいい味出しちゃってました。あと、イライジャ・ウッドも冷酷な感じがものすごく出てた。

まさに斬新な映画で、バイオレンス、アクションが好きな人は観る価値あり♪

私はDVDでもう一度じっくり観たいと思ったけど、これまた好き嫌いがはっきり分かれる映画ですね。
sincity.jpg

スポンサーサイト
テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://raptart.blog4.fc2.com/tb.php/153-e78e88dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。