伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長かったW杯のアジア予選も遂に最終戦を迎えました。

ここ数年でアジアのレベルは確実にアップしてきて、どのチームとの対戦も油断できないものでした。

両チームとも出場が決まっていて、MAXのメンバーではなかったのですが、やはり一位通過で締めたいという気持ちは変わらないでしょう。日本代表としてもアテネ世代の押し上げも出てきて、今からは、チーム内でのレギュラー争いが始まることでしょう。

そういった意味では、ここ数試合で結果を出せていない玉田、大黒の両選手は正念場となる試合だったでしょう。

前半からいい形で攻めていて、FWの二人も「らしさ」が出せていましたが、もう一歩で得点という場面が何度かあって、その決定力が欲しいですね。

28分、小笠原選手のスルーパスに抜け出した玉田選手が1対1から仕掛けて低いクロスを上げたところに大黒選手が飛び出し、キーパーを引き付けて、ファーサイドに詰めていた加地選手が冷静にゴーーール!!

いい流れでした。

後半に入り、危ない場面も何度かあったんですが、31分、コーナーキックからニアに上がったボールを大黒選手が頭で押し込む。一度相手DFにクリアされますが、GKに当たってゴーーール!!

クリアしたDF、手で押し出してました・・・。

その後、ダエイ選手にPKを決められますが、そのまま終了。

予選一位通過という最高の形で締めくくれて良かったです。あとは、本大会に向けて、幾つかのテストマッチなどでチームの精度を上げていくだけです。
wc003.jpg

スポンサーサイト
テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://raptart.blog4.fc2.com/tb.php/120-b6d54bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。