伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東アジア選手権の最終戦でようやく日本代表が勝利して勝ち点3を取りましたね。

前回大会のリベンジとして優勝を目指して臨んだ大会なだけに、初戦敗退、2戦目引き分けの結果に物足りなさを感じていた人も多かったはずです。

対する前回優勝の韓国もホームの理を生かしきれず2戦とも引き分けで、さらに相手が日本ということもあって、選手もサポーターも気合が入ってました。

前半から押せ押せで来た韓国の猛攻をDF陣の好守備とGK土肥選手の好セーブ連発で抑えたのが大きかったですね。1戦、2戦ともに守備でのミスから失点してただけに完封できたのは良かった。
今大会で日本がとった3点のうち2点はDFの選手だったんで、その面でも貢献してますね(中沢選手は北朝鮮戦でのミスを最終戦で挽回できた感じですね)。

ボランチの阿部選手、今野選手も守備、攻撃両方でバランスを取りながら効果的な仕事をしてたようです。このポジションはドイツに向けて最も激しいポジション争いになりそうです(嬉しいことなんですが)。

FW勢には、やはりもう少し得点が欲しかったですが、田中選手のドリブルと思い切り、巻選手の高さと粘りは、今後の日本にもっと必要となってくるでしょう。

次は、W杯予選最終戦のイラン戦、頑張って欲しいです。
higasiasia3.jpg

スポンサーサイト
テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://raptart.blog4.fc2.com/tb.php/116-b64d7800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。