伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶対に勝ってほしかった一戦だけに引き分けの結果はもちろん、試合の内容に不満の残る部分が多かったですね。

前半20分位までは前回と違い、いいリズムで流れをつかんでて、ゴールの匂いもしてたんですが、再三チャンスを活かせず中国に先制されるという嫌な展開。一点ならまだいけると思った矢先の追加点。

初戦でホームの韓国相手に8人で引き分けに押さえた中国の粘りを考えると、非常に厳しい・・・。さらに前半飛ばし過ぎたせいか足が止まりだし、あれだけ攻め込んでたサイドからの上がりも激減。

後半に入っても交代はなく、苦しい展開の中、良いところでFKをもらい前半に惜しいシュートを見せた阿部選手が似た位置からだったんで、期待は大。絶妙のコースにキーパーは弾くのが精一杯で、こぼれ球に茂庭選手が飛び込んでゴール!!

その後、20分を過ぎて一気にFW二人を投入するも、いまいちその二人はボールに絡めてない様子でした。そして42分、パスが相手選手に当たって自分に戻ってきたところを強烈な左足!!すっきりするゴールでした。

しかし・・・

残り時間で逆転は十分に可能だったんですが、日本の選手は、後ろの方でパスを回すだけで点を取る感じがまったく伝わってこない。ロスタイムもたっぷりあると思いきや、たったの3分。何か後味が悪いです。

この試合で収穫もあったけど、課題はそれ以上にあるようです。自力優勝がなくなった今、せめて一勝はあげて終わって欲しいですね。
higasiajia2.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://raptart.blog4.fc2.com/tb.php/114-5bc73501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。