伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姑獲鳥の夏を観ました。正直あまり期待してなかったんで、観終わった後の悲壮感は少なかったんですが・・・。

京極夏彦の名前は聞いたことはあったんですが、本はまったく読んだことがなかったんで、話の内容や登場人物のキャラなどは予告を観ての知識だけでした。

なんか、話が淡々と進むというか舞台のような演出が私には合いませんでした。姑獲鳥の映像がちゃちで、恐さと不気味さが伝わってきませんでした・・・、映像化が難しいとされていたみたいですが、やはり難しかったんでしょうか。

おそらく、映画の時間でにまとめようとしたら、はしょる所が多くなるわけで、その上理解できるように進めようとした結果、逆に分かりにくくなったんでしょう。

そんな中で、出演者は豪華で、それぞれのキャラが良かった様に思いました。原作を読んでないんでどの位違うのかはさておき、個人的には阿部氏のキャラが好きですね~。

原作を読みたいんですが、長そうです・・・。
ubume.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://raptart.blog4.fc2.com/tb.php/106-cfb9db63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。