伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読んで面白かった本が映画化される時は、映像として見れる期待と自分のイメージしていたものと違ってがっかりする不安で複雑なもんです。

そもそも本の長さの内容を2時間程度にまとめることで、省かれる部分が多いわけだから内容が薄くなるのはしょうがないことだし、ここのキャストは自分だったらあの人だな~とか、こんなシーン本であったけ?などとイメージと違ってもそれはそれで一つの楽しみかと思うようになりました。

前置きが長くなりましたが、そういった事を含めて、FLY,DADDY,FLYは良かったです。

以前「GO」の話をした時にも書いたかもしれませんが、金城氏の描く青春像が好きですね~。そんな彼が初めて脚本をしたという事で、原作の流れとテンポが十分に伝わるストーリーでした。ただ、ゾンビーズの一人一人の人物像が映画では伝わりにくかったですね。

堤真一のダメ親父から変化して行くさまも良かったし、須藤元気の憎たらしさも良かった(高校生には見えなかったけど・・・)。
で、舜臣役の岡田准一は、観る前はもっとごつくて悪そうな奴がいいんじゃと思ってたんですが、実際観てみると、まーこれはこれで良いかなとも思いました。

それにしても金城氏の作品は、次々と映画化になってますが、私が観た2本は、両方当たりだったんで次は「花」でも観てみます。
flydaddy.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://raptart.blog4.fc2.com/tb.php/101-eba73fa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。