伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RAPTARTの新作が続々と完成していますので、今日から連続して紹介します!!

まずは、ミュージックスタッズベルト
RW-BE-024a.jpg

昨今のベルト市場で最も勢いに乗った感のあるスタッズベルトですが、そんなスタッズベルトにRAPTARTらしさを入れたのがこのベルトです。オリジナルデザインのト音記号や音符などの形に一つ一つ手打ちで打ち込んであります。間に打ち込んである別色の革がいいアクセントになっています。

さらにバックルも普通じゃないのがRAPTART。本体と同じ革に"LOW"の文字状にに金具を打ち込んで、バックルの金型をくるんで手縫いで縫い付けるという手のこんだ作り。もちろん着けた時のインクトが違います!!

さらにさらにコバの部分(両サイドの断面部分)を白革には深緑色、黒革には赤色で処理しているのでチラリと見える部分にもこだわっています。
詳しくはコチラhttp//www.raptart.com
RW-BE-024b.jpg

スポンサーサイト
テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド
『親切なクムジャさん』を観ました。『復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督による復讐三部作の完結作で、『オールド・ボーイ』が面白かったんで、観てみました。

ストーリーは・・・イ・クムジャは20歳のときに「ウォンモ君誘拐事件」の犯人として逮捕され、その美貌と残忍な手口により世間を騒然とさせた。13年の刑期を終えた彼女は、逮捕された時と同じワンピースを着て出てきたのだった。刑務所にいた時からクムジャを支援してきた伝道師が差し出した豆腐の皿を、彼女は片手でひっくり返し、「余計なお世話です」と言って、立ち去っていく。
刑務所の中で、クムジャは、他の囚人にいじめられた新入りの代わりに復讐を施したり、老いた元北朝鮮スパイの世話をして、この世の天使のように崇められ、 "親切なクムジャさん"と呼ばれるようになったのだった。その顔からは光が放たれていたという。だが、出所した彼女からは、刑務所にいたときの聖母のような微笑みは消え、13年前から心に決めていた作戦を開始するのだが・・・。

まー面白かったですが、何か後味は悪いというか、考えさせられる重い映画でした。特にラストの復讐シーンは、人間の葛藤がブラックユーモアを交えて描かれていましたが・・・、人間の恐ろしい部分ですね。

主役のイ・ヨンエの演技は圧巻。天使から悪魔へと変貌する様がすごいし、最後の笑いながら泣いていたシーンは特に印象的だった。(ちなみに伝道師は吉幾三に見えます)
復讐を成し遂げても、やはり後に残るのは満足感や達成感ではないんですね。

復讐三部作の一作目『復讐者に憐れみを』はまだ観てないのでレンタルしようと思います。
kumujasan.jpg

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
RAPTARTのシザーケース
20051125105558.jpg


今回は正方形に近い形のタイプを紹介します。
横に広めに余裕をもって、ベルトループを2本にしてほしいという要望から完成した製品です。コームなども斜めに入れることができてたくさん収納できます(はさみは3丁入ります)。

下地の赤がひび割れ部分からいい感じで見えるハードクラッキングの白は、やはり見た目のインパクトはバツグンですし、渋めの色で使っていって成長していく過程を楽しみたいならボルボの茶もお勧めです。同じ形でも革の種類で全く雰囲気になります。
詳しくはコチラhttp//www.raptart.com
20051125104135.jpg

テーマ:美容師 - ジャンル:ファッション・ブランド
ハリー・ポッターと炎のゴブレットを観ました。シリーズ4作目となり毎回出演者の成長ぶりに驚くんですが、やっぱ今回もでかくなってた。気になったのはロンの髪が伸びすぎてたこと

ストーリーは、クィディッチのワールドカップが行われ、ロン一家等と観戦に行ったハリーだったが、そこで事件が起こる。一方ホグワーツ魔法魔術学校では伝説の三大魔法学校対抗試合が開催される事になり、どういうわけかハリーも代表者に選ばれる事に・・・、しかしそこにはヴォルデモートの仕掛けた罠が・・・。

前評判どおりシリーズで一番面白かったし、大人向けであったとは思いますが・・・、やはり映画は期待しすぎるとダメです。2時間半以上の長い話でしたが、それでもまだ詰めきれてないのは感じました(ちなみに原作を読んだ事はありません)。そんなに長いとは感じませんでしたが、これ以上の長さにするとさすがに集中できなくなるでしょうが。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人の恋沙汰があるんですが、なかなか唐突な感じで、もう少し背景が欲しかった。

ヴォルデモートとの戦いも次の作品につながる感じだったんで、次はガッツリいくんでしょうか?っていうか何作まであるんだろう?
20051123105720.jpg

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
K-1 WORLD GP2005 決勝戦が遂に開催。年末を感じさせられる大会で、1年は早いモンですね~。

私の予想では今年こそジェロム・レ・バンナだったんですが・・・、またも無冠の帝王に終わってしまいました。バンナ自信の仕上がりは良さそうだったんですが、対戦相手のアーツも良い仕上がりを見せて、完全に封じ込めてました。

準々決勝の4試合全て判定だったんで、いまいち盛り上がりに欠けてたんですが、準決勝になると一転してK.O決着の連発。

最近、K-1での闘い方にフィットしてきて実力も上り調子のグラウベが、武蔵を顔面への膝でしとめると、セーム・シュルトも、3連覇を目指すレミーを膝でくだし、皮肉にも決勝トーナメント開幕戦と同カードが決勝のカードになりました。

そして、今回は、前回以上の力の差を見せつけてセーム・シュルトが初優勝。あの膝はスゴイ・・・久しぶりの衝撃K.Oシーンでした。

年末のDynamaite!!への参戦も表明して、K-1では負けなしの王者を倒せる相手はいるんでしょうか?
k-1gp2005final.jpg

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ
2006年のドイツワールドカップ出場32カ国が決まりました(話題としては遅いですが)。

日本は早々に決めていたので余裕をもって各地域の予選を観れましたが、大体決めて欲しかった国が決めてくれたので良かったです。まー、レコバ、フォルラン等のいるウルグアイや、ロビー・キーン、ロイ・キーンのアイルランドや、エトー等のいるカメルーン等の国が観れないのは残念です。
特にアフリカ勢は、チュニジア以外はナイジェリア、南アフリカ、カメルーン等の強豪国を押さえて初出場国が決めたのは驚きでした。

12月9日に抽選がありますが、予選グループは強国と当たって欲しくない気持ちもありますが、中村選手が言ったように死の組に入って本気の強国とやるのも観てみたいですね~。まーどちらにしろ楽しみです。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ
今週水曜にあったSPITZ JAMBOREE TOUR "あまったれ2005"に行って来ました。

プロのライブに行くのは久しぶりで、スタンディングじゃないのとなると、さらに久しぶりでした。SPITZのライブは初めてで、一番新しいアルバムの「スーベニア」は、結構聴いてたんですが、知らない曲も多いんだろうな~、という不安と楽しみがありました。ちなみに会場だった熊本市民会館は、中学の時先輩に連れられて行ったSING LIKE TALKING以来、実に10年以上ぶり。

予想通り客のほとんどは女性でしたが、意外と年齢層は広かったですね。席は2階であまり良くないのかと思ってましたが、比較的真ん中の前の方だったんで、思ったより良かったです。

メンバーが登場すると黄色い歓声・・・の中、聴き覚えのあるギターリフ・・・「空も飛べるはず」、そりゃーテンションも上がりますね~。正宗氏が歌い出した時は、太く響きわたるのに澄んだ声にちょっと感動しました。やっぱ上手いですね♪

ライブはスーベニアからの曲をメインにシングル曲のいわゆるメジャーどころを4,5曲挟んでいって、SPITZ特有のまったりな感じの曲から少し激しいのまでいい感じで流れてました。意外と正宗氏がしゃべるのには驚きましたが、しっかり熊本人の心を掴んでたのはさすがです。
2時間があっという間という感じでしたが、個人的には「愛のことば」が聴けなかったのが残念でした。
spitz.jpg

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽
昨日の日本アンゴラは、SPITZのライブに行ってたんで、ビデオに録画しておいて帰ってゆっくり観ました(もちろん一切の情報をシャットアウト)。

本大会で当たる可能性もあるアフリカ勢のアンゴラ代表相手に、今年最後の締めの試合ということもあって絶対に勝ってほしかったんです。前半は、いいパス回しとコンビネーションで再三チャンスを演出してたんですが、この日はゴールが遠い・・・。

そんなモヤモヤした感じのハーフタイム中、いつの間にか寝てましたzzz。っと、携帯の音で起こされ、内容はバンドメンバーからの明日の練習についての事・・・、話も終わる間際に「決めたね~松井君(松井選手がまだ高校生で、熊本で国体があった時に彼の家に松井選手が民泊した事から仲良くなったという意外な接点を持つ奴なんです)」おいおい、「結果言うなよ」と言って切りました。

おかげでというか、目も覚めて後半戦に突入。後半に入ると日本代表に疲れが目立ち始めアンゴラペースが続いてました。そして21分、ついに松井選手が投入。前線で相手ボールを奪ってチャンスにつなげるという場面を再三演出し、流れを戻しました。

いつ決めるんだろ~と思いながら迎えた45分、右サイドでスローインのボールを受けた中村選手のロングパスをファーサイドで柳沢選手が頭で返し、つめていた松井選手がこれまた頭でゴーーール
代表初ゴールで日本を勝利に導きました。

ギリギリの勝利でしたが、勝って良かった。あと、新ユニフォームは番号が丸くってなんかカワイイ感じがします。
テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ
ブラザーズ・グリムを観ました。この手の作品は好きなんですが、前評判が非常に悪いんで全く期待しないで観にいったんですが、期待以上にがっかりでした。色んなグリム童話をごちゃ混ぜにして詰め込んだ感じで、いまいち芯がないというか、入り込めなかった。

ストーリーは、社交的な現実主義者のウィルと伝説や物語好きのロマンティストジェイコブのグリム兄弟。彼らは、色々な土地の魔物や怪物を退治する事で賞金を稼ぎ、各地に伝わる民話を集めていた。しかし、実は解決してきた事件は全てグリム兄弟が仕組んだ芝居だった。それがばれて、フランスの将軍に逮捕されるが、将軍は二人をマルバデンの森で失踪した10人の少女の調査に向かわせるのだが・・・。

ん~、あまりお勧めはできません。失踪事件の連れ去る部分を色々な童話に見立ててるんでしょうが、それが途中どうでもよくなってて、曖昧にされてたのが非常にモヤモヤが残りました。

隣に座ったのが外国の人だったんですが、予告からやたらと爆笑してたんです。字幕にされてるのと実際の英語のニュアンスの違いもあるんでしょうが、一回誰も笑ってない静かなところで思いっきり爆笑したのがコントみたいでした。そっちの方に気が行っちゃいましたね~。
grimm.jpg

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
我がF.C.オルソは、外での練習が多いんですが、正確にはフットサルチームなんで、室内で練習したいんです。ところが熊本というのは、夜10時位までできるコートがほとんどないんで、予約激戦なんです。

まーそんな事はさておき、我がチームもやっとフットサル専用ボールを購入。今まで普通の5号球を使用してたんで、ボンボン跳ねてたんですが、NEWボールは小さいは跳ねないはで、慣れてないし難しい。さらに蹴った感じもなんだか重く感じ、なかなか上手く蹴れない(下手だからか?)。でも、慣れたらやりやすいんだろうな~

そんなフットサルボールを使用できるのも今年はあと一回だけで、あとは全て外なんですが・・・。
newball.jpg

テーマ:フットサル - ジャンル:スポーツ
今年のK-1 Dynamiteのカードがいくつか発表されました。

やはり世間の話題を集めてるのはvsボビー・オロゴンですね。2年連続で敗戦している曙に対し、去年の大会での大健闘で一気に人気に拍車がかかり、格闘かとしてのセンスも垣間見せたボビー・・・、ボビーが曙をくう可能性もあります。

もう一つはホイス・グレーシーvs秋山成勲の柔術と柔道の決戦。これは面白くなるでしょうが、膠着状態が続いて観てて楽しい試合にはならない可能性もあります。

これに対してPRIDEがどういうカードを持ってくるかが楽しみです。
テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ
久しぶりに好きな音楽について書きます。

SUPER BUTTER DOG(以下SBD)の「FUNKYウーロン茶」という曲。曲名どおり歌詞はおふざけな感じがありますが、忘れないフレーズにメチャメチャFUNKYな曲♪イントロのギターのチャラララ ラッ ラッっていうチャイニーズなリフからいいんですよ~。

SBDのライブって行ったことないんですが、この曲を生で聴いたらスゲー盛り上がるんだろうな~・・・、行ってみたかった。

「喉が渇いたら流し込むだけ」

グルーブ感って言うんですか?演っててたのしいんだろうな~

早くバンド復活してくれないかと心待ちにしてるんですが・・・。

そういえば、やっと熊本でも「サヨナラCOROR」をやってるんで、観に行きたいです。
u-ron.jpg

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽
RAPTARTウォッシュベルト

クラックレザーのように表面の塗料にヒビを入れるのではなく、革自体を裂いたような加工のダックスという革を使用しています。

革をベルト幅に切り出した後、一本一本適温のお湯に浸し、絞った後に、シボ出し(革の表面に網目状の凹凸を出す事)をしています。
使い込む前からクタクタ感が非常にいい感じで、使っていくとさらに馴染んで、味も出てきます。バックルも革に合わせてイレギュラーな感じがあるものを選んでいます。
詳しくはコチラhttp//www.raptart.com
RW-BE015a.jpg

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド
昨日に引き続きCL第4節について。

グループA。過去のCLチャンピオン同士の戦いで今回最大のビッグカードといってもいいユベントスvsバイエルンは、やはり接戦となりました。両チームとも決勝Tで観たいチームなので少しもったいない気もしますが、まー問題なくこの2チームが上がるでしょう。試合は、トレゼゲの2得点でユーベの勝利!!

グループB。CLではなかなか良い成績を残せないアーセナルですが、今回は4連勝でグループ突破!!3-0で、 スパルタ・プラハを全くよせつけませんでしたね~。レジェスのヒールパスを受けたアンリが約20mの位置からビューティフルゴール。その後も途中交代のファン・ペルシが2得点と、層の厚さも見せ付けたました。リーグ戦ではいまいち波に乗れないだけにCLへの期待が高まるところですね。

グループCは、バルセロナの強さが圧巻の勝利で決勝T進出を決めました。このチームはもはやロナウジーニョ一人を止めてもどうにかなるチームではなくなってます。メッシ、イニエスタの若手二人と今期加入のファン・ボメルが機能しまくってました。今節での個人的なベストゴールは、ハットトリックを決めたエトーの3点目ですね。メッシからパスを受け、ドリブルで切り込みペナルティエリアの端からキーパーの頭上をループ気味で曲げる・・・、ゴールに吸い込まれるという表現がピッタリのゴールでした。

グループD。マンUがリールにまさかの敗戦で3位に。ここのグループも4チームとも可能性があり激戦区です。

やっぱりCLは面白い!!
cl0506b.jpg

テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル:スポーツ
チャンピオンズリーグのグループリーグも折り返しを向かえ、決勝トーナメント進出を決めたチームも出てきました。

全部の試合について話してたら長くなるので、個人的に気になった試合を2回に分けて書きます。

まず1日にあった分から。

グループEのPSVvsミラン。PSVの両ウィングが機能して堅守のミランに1-0で勝利し、グループの首位に。このグループは全てのチームに突破の可能性があり、ミランが予選敗退の可能性もある激戦となってます。

グループFは、リヨンが4連勝でグループ突破を決めて、今年もあの攻撃力は脅威となるでしょう。レアルも主力を欠きながらグティのゴールなどで勝利し、3連勝で突破を決めています。あとは、リヨンに借りを返して気持ちよく決勝トーナメントに行きたいところでしょう。

グループGは、10人になりながらリバプールが勝利し、リーグトップになる一方で、チェルシーがベティスに無敗記録を止められて2位に。ベティスと勝ち点差で1しかないのでまさかということも・・・。

グループH。ホームでインテルがポルトに前節の借りを返して首位に。2得点のクルスは今期調子がいいですね~、いいところで決めてくれます。これでグループ突破が近づきました。
cl0506a.jpg

テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル:スポーツ
RAPTARTサイドハトメ打ちベルト

RW-BE002.jpg

私も革違いで持っていますが、非常によく使います。ボトムの種類や色をあまり選ばないので、合わせ易いんです!!

ベルトに打ち込んであるハトメは、ゴールドのものを一周打ち込んであるのでインパクトはありますが、小さいサイズのハトメを使っているのでいやらし過ぎずにイイ感じです♪

バックルもWピンで、ハトメの色に合わせたゴールド系を使用しています。
詳しくはコチラhttp://www.raptart.com/
RW-BE002b.jpg

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド
昨日はバンドの練習でした。ニルバーナウィーザーしか持ち曲がない我々ですが、少しずつ新しい曲を増やしては、少しずつ昔の曲を忘れていくという感じです・・・。

どちらかというとWEEZERの方が難しい。
キャッチーな曲なんで粗が目立つし、何よりギターを弾きながらというのは歌詞、メロディーを完璧に覚えて、かつギターも自然と手が動くくらいじゃないと、演っててアップアップです。

ちなみに新しく演りだしたのは「the world has turned and left me here」「keep fishin'」の2曲。ともに聴きやすい曲ですが、演ると難しい。

次のスタジオまで間が開くので、練習、練習。
テーマ:日記 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。