伝説の革人生活

伝説の革職人の日々を綴る、ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャンピオンズリーグ四連ちゃんも今日で最後のグループになります。

<グループG>
リバプール(イングランド)
チェルシー(イングランド)
アンデルレヒト(ベルギー)
ベティス(スペイン)

リバプールが異例の特別参加になった為、グループ予選でイングランド対決が決まりました。同リーグの対戦は、各リーグで観れるので、極力CLでは避けて欲しいのですが、仕方ありません。チェルシーとしては前回大会の雪辱に燃えるところでしょうし、リバプールも王者としての自信とプライドがあるので、この二つで堅いでしょう。

<グループH>
インテル(イタリア)
レンジャーズ(スコットランド)
FCポルト(ポルトガル)
アルトメディア(スロバキア)


今年こそインテルはタイトルを狙えるでしょう。毎年豊富なタレントを揃えながらも、安定感と怪我に悩まされてきましたが、今年はいい補強が出来て、セリエの開幕戦もアドリアーノのハットトリックという最高の形でスタートできたので、スクデットとの2冠も狙えるでしょう。個人的には好きチームなのでいって欲しいです。2位はレンジャーズとポルトの争いになるでしょう。

各グループ見てきましたが、ここ数年は、ビッグクラブの早期敗退も多く、サプライズが起きてもおかしくない状況です。が、やっぱり順当にビッグチームが上がって別国リーグの対決が観たいです。

今観たいのは、インテルvsレアル、インテルvsバルセロナとかですかね~。
スポンサーサイト
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル:スポーツ
今日は、チャンピオンズリーグ考察4連続の3回目になります。

<グループE>
ミラン(イタリア)
シャルケ04(ドイツ)
PSV(オランダ)
フェネルバフチェ(トルコ)


間違いなく、このグループが今回の最激戦区でしょう。抽選人を勤めたマルディーニが、自分のチームをここに入れるなんて・・・、皮肉なもんです。4チームとも各国リーグのトップ3に入る位なんで、ミランがグループ敗退というのも十分にあり得ますね。

<グループF>
レアル・マドリード(スペイン)
リヨン(フランス)
オリンピアコス(ギリシャ)
ローゼンボリ(ノルウェー)


今年こそタイトル奪取に向かうレアルと、昨今のCLでの活躍が目立つフランス勢の中でも飛びぬけた強さを見せるリヨンの2強争いに、オリンピアコスが番狂わせを狙うといった感じでしょう。レアルとリヨンの対決は両チーム攻撃力に定評があるので面白くなるんじゃないでしょうか。
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル:スポーツ
前回に引き続き、CLグループステージ組合せについて考察してみます。

<グループC>
バルセロナ(スペイン)
パナシナイコス(ギリシャ)
ブレーメン(ドイツ)
ウディネーゼ(イタリア)


バルセロナが頭一つ出ている感はありますが、結構厳しいグループですね。ウディネーゼは、ヤンクロフスキなどの主力が抜けたものの作シーズンを4位で終えた実力がありますし、ブレーメンは2003-2004のブンデス王者、パナシナイコスはCL常連と、この3チームは接戦でしょう。

<グループD>
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
ビジャレアル(スペイン)
リール(フランス)
ベンフィカ(ポルトガル)

マンUとビジャレアルで堅いでしょう。マンUは今年こそ何かしらタイトルが欲しいでしょうし、まあ、周知の実力ですね。ビジャレアルは昨シーズンリーガで3位と躍進し、リケルメとフォルランが今年もキーマンとなるでしょう。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ
2005-06シーズンのチャンピオンズ・リーグのグループステージ組合せが決まりました。

この前リバプールの奇跡の逆転優勝が決まったばかりなのに、早いですね~。

今日から2グループずつ見ていきます。

<グループA>
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
ユベントス(イタリア)
クラブ・ブルージュ(ベルギー)
ラピッド・ウィーン(オーストリア)


昨年の1次リーグでぶつかったバイエルンとユベントスがいきなり同組になりました。両チーム堅守でタレントが揃っているので、いい試合になるでしょうが、ビエイラを獲得してエメルソンとの世界最高ともいえるセンターハーフコンビを実現させたユベントスが1位通過でしょう。まー、あとの二チームを見ると、この2強の突破で確実じゃないでしょうか。

<グループB>
アーセナル(イングランド)
アヤックス(オランダ)
スパルタ・プラハ(チェコ)
テューン(スイス)


アーセナルとアヤックスにプラハがどう絡んでくるか次第で、大いに変わってくるでしょう。アーセナルはCLでは、毎年上り詰めきれないし、アヤックスはいまいち調子を上げきれなかったんで、この2チームが食われる可能性も十分にありますね。特にアーセナルは毎年それほど大きな補強をせずにチームの完成度を上げていきますが、今シーズン、ビエイラの穴をどう埋めるかが、リーグも合わせて勝ち残る鍵でしょう。

次回は、C,D組を見てみます。
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル:スポーツ
最近、WEEZERのAmerican Gigoloという曲をやっています。

WEEZERの曲としては2曲目のコピーになりますが・・・、歌が難しい。

結構、高音と低音の差があって歌いにくいところが所々。特にイントロあけの歌い出しが入れない。裏から入るというのは分かってるんですが・・・、入れない。

ゆっくりやったり、そこの部分だけ繰り返しやったりしてると、「おっ!こんな感じか?」と合ってきたんですが、最後に通してやろうとしたら、またズレた。

う~ん、何でだろう?

もちろん終わった後に、メンバーからはしばかれる・・・。(嘘)
テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記
昨日のF.C.オルソの練習は久しぶりに体育館でやりました。

体育館は準備と片付けが面倒くさい・・・。

ゴール出して、隣のコートにボールが行かないように防御して、ゴールの両サイドにマット立ててと。人数が少ない時は、それだけでいい運動になります。

何より体育館は暑いっ!!

基本的に外でやる競技ばっかりしてたんで、あのムンとした感じで、汗が止まらない。

練習はというと、人数が揃わなかったんで、最初フルコートでゲームしたんですが・・・、こりゃー体力もたないということで、ハーフコートに変更。

再三、オルソの濃い顔No.1のパスに反応できなかったことが、ふがいなかった。

だって、速いんだもん・・・。

サッカーは難しい!!
テーマ:日記 - ジャンル:日記
前にも書きましたが、カレーパン(カレー)が好きなんです。

ファミマで、飯を買っている時に、ついついこの鹿児島黒豚カレーパンが目に入った挙句、買っちゃいました。

結果から言うと55ですね。

味と具、特に商品名で謳ってる黒豚は確かに美味かったですが・・・、カレーの量が少ない。ベストは一口目からルーが顔を出すことなんですが、これはなかなかない。だから、最低でも二口目ですね。揚げパンが食いたいわけじゃないんで・・・。

味はそこそこ良かっただけに、もったいない結果ですね~。
curry2.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記
昨日の帰り、商品として初めて作ったシザーケースを納品に行きました。

こういう類の商品は、デザイン性はもちろん、実用性が最重要視されると思うので、製作前の打ち合わせでしっかりと注文を聞いておかないといけませんでした。

今回の場合は、実物のサンプルがあって、「ここをこうして、こっちはこうして、革はこれで・・・。」といった感じだったんで、製作はやりやすかったです。

今まで作ったことがないものを作っている時は、完成がどういったものになるかイメージでしか分からないので、楽しみなものです。

で、完成!

自分で言うのもなんですが、いい出来です。

3つオーダー頂いていたんですが、革によってそれぞれいい雰囲気が出てました。ただ、受注で製作した製品は、自分がイイと思ってもお客様が気に入らないということもあるので、納品するまで分かりません。

そんな事で、昨日自分の仕事を終わらせた後、納品先である「GLAMOUR」という美容室に足を運びました。

いつも私の髪を切ってもらってる片山さんと、星川さん、ナンブさんにそれぞれ出来上がった製品を渡し、見てもらうと「かっこいい~」「いい感じ」などなど、大変喜んでいただきました。この瞬間が作り手にとっては何とも言えない、嬉しさというか、達成感を感じる瞬間ですね。

これから髪を切りに行くたびに、変化を見るのが楽しみです。
20050830102021.jpg

テーマ:シザーケース - ジャンル:ファッション・ブランド
長かったW杯のアジア予選も遂に最終戦を迎えました。

ここ数年でアジアのレベルは確実にアップしてきて、どのチームとの対戦も油断できないものでした。

両チームとも出場が決まっていて、MAXのメンバーではなかったのですが、やはり一位通過で締めたいという気持ちは変わらないでしょう。日本代表としてもアテネ世代の押し上げも出てきて、今からは、チーム内でのレギュラー争いが始まることでしょう。

そういった意味では、ここ数試合で結果を出せていない玉田、大黒の両選手は正念場となる試合だったでしょう。

前半からいい形で攻めていて、FWの二人も「らしさ」が出せていましたが、もう一歩で得点という場面が何度かあって、その決定力が欲しいですね。

28分、小笠原選手のスルーパスに抜け出した玉田選手が1対1から仕掛けて低いクロスを上げたところに大黒選手が飛び出し、キーパーを引き付けて、ファーサイドに詰めていた加地選手が冷静にゴーーール!!

いい流れでした。

後半に入り、危ない場面も何度かあったんですが、31分、コーナーキックからニアに上がったボールを大黒選手が頭で押し込む。一度相手DFにクリアされますが、GKに当たってゴーーール!!

クリアしたDF、手で押し出してました・・・。

その後、ダエイ選手にPKを決められますが、そのまま終了。

予選一位通過という最高の形で締めくくれて良かったです。あとは、本大会に向けて、幾つかのテストマッチなどでチームの精度を上げていくだけです。
wc003.jpg

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ
盆休みの為、しばしブログが書けなかったんですが、やっと再開します。

休みの間に、とあるショッピングモールで英太郎のものまねショーを観て来ました。

英太郎氏を知っている人がどれ位いるのか分からないので、軽く説明すると、九州で活躍するローカルものまねタレントで、FMKのラジオ「ハイパーモーニングトラック」やKKTの「テレビタミン」、すし市場のCMに出ている人です。

私は主にラジオで聴いていたんですが、結構ツボをついてくるんですよ~。

この日は写真の格好で登場して、「ばってんあれかわ」をベースのキャラとして進めてました。生で初めて見たんですが、想像以上にでかかったです。(ある意味それが一番印象に残ったかも)

観客が年配の方も多かったので、演歌ネタも多かったんですが、まーその辺はしょうがないですね。

一番聴きたかったし、やっぱり個人的なツボだったのは、貴乃花親方でした。

いや~似てた。

30分と短い時間だったんで、もう一つ聴きたかった曙がなかったんで、それは残念でしたが、満足のステージでした。
eitarou.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記
先日、熊本城二の丸公園で、火の国祭りの花火大会があったんで、行ってきました。

毎年、江津湖であってたんですが、今年は街の方であったんで、家から歩いて行ったんですが、

相変わらずの人の多さで、特に中、高校生らしき若者が多い多い。

8時からスタート予定で、遅れて始まったんですが、今年は2000発と少ないとは聞いてたんですが・・・、30分くらいで終了。さすがに見てる人達も、いったん間を空けて、また始まるだろうと思ってたんですが、そのまま終了。

非常に物足りませんでした。

その後、飯を食って帰ろうと思って、色々歩き回ったんですが、どこも人であふれてました。

で、鉄板焼き屋に入って、そこでお好み焼きの牛スジ焼きを食べたんですが、それが美味しかった。自分で焼くタイプだったんですが、きれいに焼けて見た目も最高でした。

(写真を撮るのを忘れていて、美味しさが伝わらないのが残念です)

満腹になったら、家まで大汗をかきながら帰りました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記
昨日、たまたま世界陸上を観ていて、ちょうど末續選手のところだったんで見入ってました。

前回のパリ大会で銅メダルを獲っただけに今大会でも一番期待されていた選手でしょう。

一次予選ではさすがに余裕が見えたんですが、準々決勝では3位以内には入れず、最終組を残した時点で残り4人の枠のうち3番目と微妙な位置でした。最終組が走り終わって、4位の人のタイムが末續選手を上回って、いよいよ次の選手次第。選手本人もまわりも釘付けで観てました(もちろん私も)。

・・・で、まさに首の皮一枚で残ったという感じですね。

次の準決勝は、タイムに関係なく上位4人が決勝に進めるというというシステム。末續選手は1コースで、解説者の人が1コースは不利と言ってて、不安だったんですが・・・、その後、末續選手のコーナリングは世界一とも言ったんで、これはやってくれるんじゃ?と変わりました。

前半は良い感じで競ってたんですが、後半直線に入ってからが伸びませんでした。非常に残念・・・。

本人が一番悔しかったとは思いますが「この借りは必ず返します」という言葉に次回への希望がつながりました。
sekairikujyou.jpg

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ
東アジア選手権の最終戦でようやく日本代表が勝利して勝ち点3を取りましたね。

前回大会のリベンジとして優勝を目指して臨んだ大会なだけに、初戦敗退、2戦目引き分けの結果に物足りなさを感じていた人も多かったはずです。

対する前回優勝の韓国もホームの理を生かしきれず2戦とも引き分けで、さらに相手が日本ということもあって、選手もサポーターも気合が入ってました。

前半から押せ押せで来た韓国の猛攻をDF陣の好守備とGK土肥選手の好セーブ連発で抑えたのが大きかったですね。1戦、2戦ともに守備でのミスから失点してただけに完封できたのは良かった。
今大会で日本がとった3点のうち2点はDFの選手だったんで、その面でも貢献してますね(中沢選手は北朝鮮戦でのミスを最終戦で挽回できた感じですね)。

ボランチの阿部選手、今野選手も守備、攻撃両方でバランスを取りながら効果的な仕事をしてたようです。このポジションはドイツに向けて最も激しいポジション争いになりそうです(嬉しいことなんですが)。

FW勢には、やはりもう少し得点が欲しかったですが、田中選手のドリブルと思い切り、巻選手の高さと粘りは、今後の日本にもっと必要となってくるでしょう。

次は、W杯予選最終戦のイラン戦、頑張って欲しいです。
higasiasia3.jpg

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ
昨日、F.C.オルソの練習がありました。

前回から新選手も入団して、少しずつ選手層も厚くなってきて、ミニゲームをやっていても、以前より少しは形になってきた気がします。

だいたい練習内容としては、最初アップをやった後は、ひたすらゲームという流れでやってます。

自分で言うのもなんですが、昨日は、一試合目からキレてましたね~。中央で少しためてから、動き出した選手に見事なスルーパスを出してゴール。その後も、自分の中で絶妙のパスというのが何本か炸裂しました。シュートを決めるのももちろん気持ちいいんですが、イメージ通りにパスが通ったときも何ともいえないもんです。

あと、左サイドから上がったクロスが相手の頭を越えて、自分のところにドンピシャできたんで、それをヘッドで押し込んだのも良かったですね~。

他の選手から「お前、絶対明日のブログにキレてたとか書くだろ」と言われたんですが、そりゃ~もちろん書いてますよ。
orso.embrem.jpg

絶対に勝ってほしかった一戦だけに引き分けの結果はもちろん、試合の内容に不満の残る部分が多かったですね。

前半20分位までは前回と違い、いいリズムで流れをつかんでて、ゴールの匂いもしてたんですが、再三チャンスを活かせず中国に先制されるという嫌な展開。一点ならまだいけると思った矢先の追加点。

初戦でホームの韓国相手に8人で引き分けに押さえた中国の粘りを考えると、非常に厳しい・・・。さらに前半飛ばし過ぎたせいか足が止まりだし、あれだけ攻め込んでたサイドからの上がりも激減。

後半に入っても交代はなく、苦しい展開の中、良いところでFKをもらい前半に惜しいシュートを見せた阿部選手が似た位置からだったんで、期待は大。絶妙のコースにキーパーは弾くのが精一杯で、こぼれ球に茂庭選手が飛び込んでゴール!!

その後、20分を過ぎて一気にFW二人を投入するも、いまいちその二人はボールに絡めてない様子でした。そして42分、パスが相手選手に当たって自分に戻ってきたところを強烈な左足!!すっきりするゴールでした。

しかし・・・

残り時間で逆転は十分に可能だったんですが、日本の選手は、後ろの方でパスを回すだけで点を取る感じがまったく伝わってこない。ロスタイムもたっぷりあると思いきや、たったの3分。何か後味が悪いです。

この試合で収穫もあったけど、課題はそれ以上にあるようです。自力優勝がなくなった今、せめて一勝はあげて終わって欲しいですね。
higasiajia2.jpg

昨日は東アジア選手権のことを書いて書けなかったんで、今日、K-1のハワイ大会のことにふれてみます。

最近のK-1には珍しいK.Oの多い大会となって面白かったです。トーナメントは決勝に上がったグッドリッジ選手と藤本選手は全試合K.Oと殴り合いの期待できる展開でした。予想通りの打ち合いで、劣勢と思われていた藤本選手もいいパンチ当たってたし、根性も見せていい試合でした。

もう一つの注目カードだった曙vsチェ・ホンマンは、予想通りの展開でしたね~。とはいっても、地元の開催ということもあって、ちょっと今までとは違う曙選手を見れると思ったんですが・・・。やはり、K-1などの立ち技でやるなら体重を絞らないと厳しいでしょう。動きについていけていませんでした。一方のチェ・ホンマン選手は、まだK-1のトップ選手と対戦してないんで、その実力がいまいちつかめないところはありますが、サップ選手との初戦は面白くなるでしょうね。
k-1hawaii.jpg

昨日、東アジア選手権の初戦である北朝鮮戦がありましたが・・・、ほとんどの人ががっかりしていることでしょう。

コンフェデで世界への手応えを感じたのが嘘のような試合でした。国内組みで臨んでいるとはいえ、スタメンのメンバーはほとんど一緒で、さらに今年2勝している相手だけに余裕を持って観れると思ってたんですが。

開始から非常に日本の選手の動きが悪かった。ミスからの失点というコンフェデ前のキリンカップを思い出す流れ、でも今の日本はここからやってくれると期待してたんですが・・・。

後半に入り4バックに変えても、新戦力の二人を入れて3トップにしてもこの日の北朝鮮の厚い壁は崩せなかった。
コンフェデの時に見せた、縦への展開がほとんど見られず、横へまわしてクロスを上げるの繰り返し・・・、攻撃の際の創造性と意外性に欠けていました。なにより、北朝鮮の選手の絶対に点を取らせないという気迫を打ち破るほど、日本の選手の気持ちが伝わってこなかったですね~。

残り2戦は、絶対に勝たないといけない試合になりますが、村井選手や今野選手などせっかく新しい選手がいるので、ここで新しい形を魅せて欲しいものです。

今日の女子の方にも頑張って欲しいですね。
higasiagia.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。